皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、トッピョーシもなくフェザークラフトに関して輸入元のA&Fさんから
連絡があったのでとにかくお知らせいたします(下記)。


創業者Doug Simpson(ダグラス・シンプソン)氏より、201611月末をもって工場を閉鎖し、

Feathercraft Kayaksの生産を中止する旨の連絡を受けました。

先ずは急なご連絡になりました事、お詫び申し上げます。

大変急な連絡で、弊社(A&Fさん)も先方と確認しながら何としても継続できないか模索してきましたが、

昨年の工場縮小の話から今後将来を考え苦渋の最終決断となった次第でございます。


と言う事でございます。
これに伴い

A&Fさん側から、フェザー側へ打診された模様で
工場閉鎖前に残っている材料で最後の生産をしてもらう事の了承を得られ、
つきましては以下の条件にて最終発注となります。
とのことです。

もしも、「いずれ」とか「そろそろ」とか「次の1艇」とかお考えの方は
これが本当の最後のチャンスになる可能性がかなり高い(かなりやばい)ので
ご検討下さい。

※ シングルKayaks – K1, Kurrent, Heron, Wisper, WisperXP
※ Color – Blue, Olive, Black, Red(New Material),Yellow (2 Only抽選)
※限定生産のため各ディラー限定2挺。
※注文締切は工場閉鎖が迫っていますので11月6日まで

W-coatのシーソック、スプレースカートも生産可能とのことですので必要でしたら一緒にお願いします。
(リペアパーツについては今後も供給)


本当に急で重要なお知らせで、しかもご検討して頂ける方がいらっしゃったとしても
あまりにも期限が近く本当にご迷惑をおかけいたします・・・・・

PS、
またまた、ずーっとブログをサボっていてスイマセン。
って言うか、この話題そーとー緊急な話題です。
カヤックを始めてからずーっと海ではフェザークラフトばっかり使ってましたので
今後、まったく無くなると思うとさみしい限りです。
リジットのシーカヤックも乗ったりしてますが
頻度の問題でフェザーの乗り味に慣れてしまっていて、
個人的にはフェザーみたいな柔らかく海と調和する感覚が心地よいんですな。
最近海ではSUPをよく楽しんでいますが
先日たまたま5泊6日で四国と出雲の方面にキャンプツーリングを楽しんできました。
その時感じたことは
また、以前みたいにフェザークラフトでガンガンキャンプ旅に出かけよう!と、
スパークルとしてもキャンプやシーカヤックの旅を企画してご参加頂いた
お客様達と楽しい時間を共有できればと感じた矢先でした。

ちなみに、よく、組み立て式カヤックやフェザーみたいなスキンカヤックは
リジットカヤックと比べてあーだ、こーだと言う人がいますが
バイクで言うと鉄フレームとアルミフレームの違いだったり、
モノサスと2本サスの違いみたいなもんで、
オンロードとオフロード程違わないと思うけど
よーするにハーレーにのるかSSに乗るかみたいな違いかな?
どっちもそれぞれ楽しいでしょ!
ま、わかる人にはわかるかな。